沿革

沿革

1938(S13)年1月
創業者黒木慶憲 八幡製鐵所その他の機械の溶接・修理受注工場として、北九州市に個人経営、黒木工業所を開設
1939(S14)年11月
新日本製鐵(株)広畑製鐵所構内において溶接作業を開始
1950(S25)年6月
鋳鉄鋳物の溶接法の発明により特許を取得
1951(S26)年10月
上記発明について「わが国産業の振興に寄与した顕著なる功績」により発明賞を受賞
1956(S31)年10月
姫路市に黒木熔接工業株式会社を設立
1956(S31)年12月
黒木工業所を株式会社に改組、株式会社黒木工業所を設立
1957(S32)年7月
山口県光市に株式会社黒木工業所光工場を設置
1962(S37)年8月
光工場を分離して黒木工業株式会社を設立
1964(S39)年9月
堺市に黒木熔接工業株式会社堺工場を設置
1968(S43)年5月
千葉県木更津市に株式会社黒木工業所木更津工場を設置
1969(S44)年8月
新日本製鐵(株)名古屋製鐵所構内に黒木熔接工業株式会社名古屋出張所を設立
1969(S44)年10月
福岡県鞍手町に株式会社黒木工業所鞍手工場を設置
1970(S45)年12月
木更津工場を分離して黒木千葉工業株式会社を設立
1972(S47)年4月
新日本製鐵(株)大分製鐵所構内に株式会社黒木工業所大分工場を設置(1993年閉鎖)
1974(S49)年4月
黒木工業グループ4社の技術向上のため、共同の研究開発機関として、北九州市に株式会社黒木工業所技術研究所を開設
1980(S55)年4月
黒木熔接工業株式会社(姫路市)に加工機工場を増設
1983(S58)年10月
株式会社黒木工業所鞍手工場に複合金属工場を増設、熱間等方圧加圧装置(HIP)を設置
1984(S59)年4月
株式会社黒木工業所鞍手複合金属工場に汎用CNC電子ビーム溶接装置を設置
1986(S61)年10月
鞍手町に黒木コンポジット株式会社を設立
1994(H6)年1月
黒木工業株式会社(光市)に周防工場を増設
2000(H12)年9月
姫路市に黒木チューブアンドパイプ株式会社を設立
2003(H15)年8月
北九州若松区に株式会社黒木工業所若松工場を増設
2005(H17)年3月
株式会社黒木工業所(本社 北九州市)と黒木工業株式会社(光市)を合併し、株式会社黒木工業所(本社 北九州市)とする
2011(H23)年
黒木チューブアンドパイプ株式会社を精算
2011(H23)年
株式会社黒木チューブアンドパイプ販売を設立