企業情報

社名
株式会社黒⽊⼯業所
本社所在地
福岡県北九州市八幡西区陣山3-4-20
創業年⽉⽇
1938年(昭和13年) 1⽉
設⽴年⽉⽇
1956年(昭和31年)12⽉
資本⾦
2,710万円(2019年8月時点)
役員
代表取締役社長 黒木 亜矢子
取締役副社長執行役員 中杉 甫
取締役技術研究所長 服部 和德
従業員数
102名(2019年7⽉末時点)
主要取引先
⽇本製鉄株式会社 / ⽇鉄ステンレス株式会社 / 東京製鉄株式会社 / 三菱⽇⽴パワーシステムズ株式会社 / 他
主要取引銀⾏
商⼯組合中央⾦庫 / 福岡銀⾏
営業種⽬

・製鉄機械部品の溶接修理

・セメント及び窯業機械部品の溶接修理

・その他機械部品の溶接修理

・鋳鉄品の溶接補修

・⼤型部品の機械加⼯

・出張⼯事、特殊溶接及び現地機械加⼯

・各種機械の製作、オーバーホール

・化⼯機部品の溶接、製作

・各種試験⽚製作

・製鉄⽤機械部品の再⽣加⼯、製作

・⼀般産業機械の設計、製作

沿⾰

1938(S13)年1⽉
創業者黒木慶憲 ⼋幡製鐵所その他の機械の溶接・修理受注⼯場として、北九州市に個⼈経営、黒木⼯業所を開設
1939(S14)年11⽉
新⽇本製鐵(株)広畑製鐵所構内において溶接作業を開始
1950(S25)年6⽉
鋳鉄鋳物の溶接法の発明により特許を取得
1951(S26)年10⽉
上記発明について「わが国産業の振興に寄与した顕著なる功績」により発明賞を受賞
1956(S31)年10⽉
姫路市に黒木熔接⼯業株式会社を設⽴
1956(S31)年12⽉
黒木⼯業所を株式会社に改組、株式会社黒木⼯業所を設⽴
1957(S32)年7⽉
⼭⼝県光市に株式会社黒木⼯業所光⼯場を設置
1962(S37)年8⽉
光⼯場を分離して黒木⼯業株式会社を設⽴
1969(S44)年10⽉
福岡県鞍⼿町に株式会社黒木⼯業所鞍⼿⼯場を設置
1972(S47)年4⽉
新⽇本製鐵(株)⼤分製鐵所構内に株式会社黒木⼯業所⼤分⼯場を設置(1993年閉鎖)
1974(S49)年4⽉
黒木⼯業グループ技術向上のため、共同の研究開発機関として、北九州市に株式会社黒木⼯業所技術研究所を開設
1994(H6)年1⽉
黒木⼯業株式会社(光市)に周防⼯場を増設
2003(H15)年8⽉
北九州市若松区に株式会社黒木⼯業所若松⼯場を増設
2005(H17)年3⽉
株式会社黒木⼯業所(本社 北九州市)と黒木⼯業株式会社(光市)を合併し、株式会社黒木⼯業所(本社 北九州市)とする
2013(H25)3月
技術研究所を福岡県鞍手町に移転